相続の法律

普通に暮らしていたら法律の事なんて知らなくても問題はありません。しかし万が一の時に知っているのとしらないのとでは大きな違いとなってしまうこともあります。

例えば相続に関すること。相続を放棄することができるというのを知っている人は意外と多いです。これを知っているととても助かるということもあるんですよ。

遺産を相続するのはいいことだと思っている人も多いかもしれません。しかし必ずしもプラスの財産を相続できるとは限らないのです。場合によっては借金などマイナスの遺産を受け継いでしまうということもあります。

その場合には必ずしも借金を背負わなくてはならないというわけではないのです。放棄することができます。ただし、その放棄をするのには期限があります。放棄の期限は三ヶ月です。

その人が亡くなっているということを知っていてその遺産を受け継ぐ権利が自分にあるという事を知ってから三ヶ月というのが期限です。

その期限内に何も対処をしなかったらそのままマイナスの遺産もプラスの遺産もすべて受け継ぐことになります。拒否したい場合には家庭裁判所へ行って申立をします。

知らなかったら損をすることもありますし、知っていたら得になることもあります。

知らなかったでは済まされない法律のこと・・・。知っていたら得をすることもある相続放棄について詳しく知りたかったら大阪相続放棄相談センターまで。




What's New

2013/02/01
最新記事2を更新。
2012/11/02
最新記事を更新。
2012/03/16
限定承認とはを更新。
2012/03/16
熟慮期間を更新。
2012/03/16
いらない場合を更新。
2012/03/16
どんなルール?を更新。
2012/03/16
相続放棄にも期限がある!を更新。
2012/03/16
ホームページリニューアル

Recommend Entry

マイナスまで

いくら家族の残した借金だって返す必要は無いです、そんな時は相続放棄すればマイナスな財産を継がなくてすみますからね。相続問題で困ったらすぐに専門家に相談して下さい。

どうして

相続放棄をする大きな理由は、家族の借金などをそのまま単純相続しないために行うことが多いようです。確かに自分が作ったわけではない借金を返さないといけない状況は悲しすぎます・・・。こんなことにならないためにも対策が必要なのです。

Recommend Site


期限を過ぎた相続放棄
相続放棄を名古屋で無料相談から、親身にサポート。

相続放棄熟慮期間の起算点を巡る判例法理
新宿区 杉並区 中野区 法律事務所 (弁護士)

期限を過ぎた相続放棄
京都・大阪・滋賀の相続、遺言相談ならエフアンドパートナーズ。